借金の残高を知る

借金を返済できずにいる人の共通点は、返済額の合計を把握していないことです。
何となく返せる金額を納入しているだけで、全体としては減っていないのです。
全額返済するには、今残っている金額から逆算して、毎月幾ら支払っていけば よいか割り出す所から入っていきます。

計画性が返済を狂わせない根拠は、住宅ローンの支払いを例に見れば明らかです。
実際、職業を持ち一定の収入を得ていれば、住宅ローンは完済します。
支払いが滞らない限り、時間を掛ければ確実に返済できるという理由はありますが、ローン契約は融資する金融機関も融資を受け取る会社も注意深く吟味して進める体制を取りますから、緻密な返済計画を契約前に作成します。
借り入れ主が自主的に決めることにはならないので、支出と収入のバランスから無理のない返済が実現します。

怖いのは、複数の金融機関から少額ずつ借りている場合です。
少額返済は、借り入れ主の自主性に任せることになり、場当たりの支払いを続ける人は一向に借金が減らないという負のスパイラルに陥ります。
支払いが終わらなくなると、次は借金の肩代わり用に新たな借り入れをする二次災害に発展していき、少額だった返済額が2倍、3倍と増えていきます。
借金を全額を返すプロセスは、利息を分を含めて返済残高を知ることに始まり、確固たる計画を立ててから支払うことです。
どんぶり勘定では、借金が膨れ上がっていきいつか自己破産する時がやってきます。